自分に合った住宅を選びましょう

歯科に対するトラウマと現在の歯科

小さいころから歯があまり良くなかったので、歯科にはよく行ったものでした。もちろん、親や学校に言われて渋々、通っていました。
私の小さい時の歯科の思い出は、痛いということと、歯を削るドリルの金属音と、消毒液の臭いでありました。ちょうど小学生の頃で毎年学校で歯科検診があり、そのあとで歯科に通うということを毎年続けていたのです。
高校生くらいから歯科には長らく通っていなかったのですが、それは歯が良くなったというわけではなく、単に歯科が嫌いで行きたくなかったということが大きな理由です。
それでも、虫歯や歯のトラブルは歯科に行かずにそのままにしていれば、勝手に治っていくものではなく、どんどん悪くなっていきます。
そして、我慢ができなくなって歯科に行くことになりましたが、それでもいやいや行きました。しかし、実際には現在の歯科は昔と全然違っていました。ある程度痛いのは仕方ないことではありますが、痛さはずいぶんましになりましたし、あの嫌なドリル音もかなり小さくなっていました。このくらいならさっさと治療に来ればよかったと思った次第です。
お探しにお困りであれば津市 歯科が助けになります。