自分に合った住宅を選びましょう

自分を見つめなおす永代供養

永代供養とはくようですが、もっと深い意味があるように自分では解釈しております。
といいますのも私は一年に二回ほどお寺さんからの永代供養に参加しなければならないのですが
何故かしらちょうど仕事が入っていたり、他の用があったりと参加しないことがよくあるのですが
これではやはりだめだということに気づかされます。それはどんな時かといいますと
永代供養に参加したときにいつも気付かされるのです。不思議なものです。そしてお寺のお坊さんの
お話を聞いておりますとまるで私自身に問いかけてこられるような気持にさえなるからまた不思議な気持ちになるんです。
永代供養というものは人々に気づきを与える行事ではないかと最近は考えるようになりました。そして仕事などを
理由に不参加を続けていますと、やはり人間が横着になったり、感謝を忘れたりといいことなどありません。永代供養は
先祖にたいしての意味もあると思いますが、先祖と自分はつながっていますから、今生きている人間が自分自身のあり方に
気づくことだと私は思います。"
お探しにお困りであれば永代供養 名古屋が助けになります。