自分に合った住宅を選びましょう

がんの三大治療とは

がんが見つかってしまった場合、日本では三大治療を行うのが一般的です。まずはがん細胞を摘出するための「手術」です。直接体内のがんに侵された患部を摘出します。目に見える部分だけではなく、目に見えないサイズのがん細胞もある可能性があるので、思った以上に広範囲に渡って切除することが多いです。小さながんであれば内視鏡で切り取ったり、腹腔鏡手術などで体への負担が最小限で済みます。次に、「抗癌剤治療」です。目に見えない小さながん細胞や、リンパや血液に乗ってがん細胞が全身へ運ばれるのを防ぐために投与します。がん細胞は自分自身の細胞と全く同じ性質を持っているので、がん細胞だけを攻撃することができず、健康な臓器も一緒に攻撃してしまいます。その結果、吐き気、発熱、倦怠感、脱毛などの辛い副作用が起きます。そして最近日本で力を入れているのが放射線治療です。がん細胞を狙ってピンポイントで放射線を当てて、がん細胞を死滅させます。手術不可能な場所にできたがんに対応できることや、手術の体の負担が無いことが特徴です。近年は重粒子線など、周りの細胞へのダメージが少なくより正確にがん細胞を狙える技術が開発されています。
お探しにお困りであればがん治療が助けになります。